スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
犬の十戒
私がこれを初めて読んだのは、あるドッグカフェのトイレの壁に貼ってあったものでした。
思いがけず泣いてしまったのを覚えてます。
今日、偶然にもお友達のブログで見つけたので、貼ります。
読んだことない方は、是非読んでください。
そしてわが子を抱きしめてあげてください。




『犬の十戒』  作者不明

1. My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will
be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10~15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でも、貴方と離れていることは辛いのです。
私のことを買う(飼う)前に、どうかそのことを考えて下さい。

2. Give me time to understand what you want of me.

私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで、
時間を与えてください。

3. Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.

私を信頼して下さい...それだけで私は幸せなのです。

4. Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.

私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも...私には貴方だけしかいないのです。

5. Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.

時には私に話しかけて下さい。
たとえ貴方の言葉を理解できなくても、
私に話しかけている貴方の声で理解しています。

6. Be aware that however you treat me, I'll never forget it.

貴方がどれほど私をずさんに扱っても、
私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。

7. Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.

私を叩く前に思い出して下さい。
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、
私は貴方を噛まないように決めている事を。

8. Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.

言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が
何かないかと、貴方自身に問い掛けてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?

9. Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.

私が年をとってもどうか世話をして下さい。
貴方も同じように年をとるのです。

10. Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it, or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.

最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか
「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて
言わないで欲しいのです 。
貴方が側にいてくれるだけで、
私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
そして......どうか忘れないで下さい。
私が貴方を愛していることを。

スポンサーサイト
【2006/08/11 22:24】 | 未分類 | コメント(4)
<<はさまっちったっ! | ホーム | 椅子のした>>
コメント
私も犬の十戒を初めて読んだ時はなんとも言えない気持ちになったよぉ。
以前あるフレブルちゃんが亡くなった時、みんなが「虹の橋」って言葉を使ってて、なんだろーっておもってたんだけど・・。
本屋さんで偶然見つけたので、うちには本があるよ。
イラストもいいです。
【2006/08/11 22:34】 URL | なおぺ #-[ 編集]
ちょうど自分の日記に犬の気持ちについてちょこっと触れたばかりなので、大変興味深く読ませてもらいました☆
犬の心の中がみえたら面白いでしょうね。
【2006/08/12 02:05】 URL | daizo #-[ 編集]
目頭が熱くなってきました。ココに遊び道具と思われるのも悪くない気持ちになりますなぁ
【2006/08/14 07:40】 URL | だー #-[ 編集]
>なおぺさん
絵本が出ているのですか。
ぜひ見てみたいですね。
わたしは、ココを飼い始めてすぐにこの詩に出会って、当時ココがなかなかしつけを覚えてくれなかったり噛んだりしていた頃で、この詩にどんなに勇気付けられたことか。。。!
大変だけど精一杯大事にしてあげるんだって思うことが出来ました。
今も、なるべく一緒に居てあげなくちゃなぁって、思います。


>だいぞーさん

ね。ちょうどわたしも写真感見てきて、あっ今日はわんこのこと書いてある!って思ってたところでした。
ココとは、言葉も通じるし、何考えてるのかもわかります。おもしろいですよとっても!そしてかわいいですヾ(>▽<)o


>だーさん
読んでくれて嬉しいです。ふたりではじめて行ったドッグカフェのトイレに貼ってあるよ。ココはだーが来ると、嬉しくて嬉しくてついついはしゃいじゃうみたいだよね。
でも噛むのは良くないよね・・・しつけなきゃ(* ̄ロ ̄)。。。
【2006/08/15 14:30】 URL | もぐあい #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

COCO’S HOUSE


フレンチブルドッグの女の子ココちゃんとともに綴る日記

FC2カウンター

プロフィール

ココ@もぐあい

Author:ココ@もぐあい
携帯でも見ることが出来ます。
URLはこちらです!
http://cocochannel2004710.blog40.fc2.com/?m

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。